【実験】もしも図工にテストがあったら

おはようございます。apple信者の私ですが、そろそろwindowsが喰わず嫌いなだけじゃないかと思うようになってきました。確かに周辺機器を全てappleで揃えるのは何かと便利ですが、デスクトップまでappleだと…どうなんだろう。
少しのカスタムも許してくれない割にデザイン性が優先しすぎてスペックが普通。…の割に高い。例えば同じ値段で結構有能なクリエーターPCや、やたら処理が早いゲームPCが買えるんだよね。

とか何とか思ってるうちに、なぜか自作PCについてネットサーフィンしてた私です。…飛躍しすぎ。
どっちにしてもデスクトップ買ったばかりだし、しばらく先の話だと思いますが。

図工は立派な学問

  
 
pexels-photo-107911

 
 
子供の「美術離れ」と大人の「信仰」

昨今、子供の「美術離れ」が懸念されているそうです。美大出身の私からすれば、さらに美術の分野で仕事をしている私からすれば、とても寂しい傾向にあると思います。
でも、仕方ないのかもしれない。
学校で教わる「図工」や「美術」の授業は、どうしようもなく「知識」がベースにない教わり方だからです。

例えば「国語」は、ひらがなを覚えカタカナを覚え漢字を覚え…。さらに主語述語の関係や接続詞などを覚えてようやく文章を読みます。
「算数」は、数字を覚え、加減乗除の仕組みを覚えてようやく「足し算」「引き算」が実践できます。

かたや「図工」はどうだろう。
極端な話、絵の具と紙を渡されて「さあどうぞ描いてください」になるわけです。美術の分野だって、「学問」であるべきで「知識」ベースに行うはずの授業です。

ゴッホやモネの絵画を鑑賞することは「美術史」であり「世界史」です。
葛飾北斎を鑑賞するなら「日本史」に繋がるし、日本画の絵の具は元々「色んな色の岩」を砕いて使っています。「何でそんな色んな色の岩があるんだろう」と突き詰めれば元素に繋がるかもしれません。「理科」の一部です。
持ってる絵の具の色を知ることは「色彩学」であり、つまるところ「光化学」です。

実技になったって知識の習得は必要です。
筆を使うかクレヨンで塗るかを考えるなら、数ある「技法」を学べば視野は広がります。
構図を考えることは、「web」につながり、プログラマーの基盤となってもおかしくないと思うんです。
三次元で構図を考えれば「空間把握」です。

図工は道なき道を開拓する分野じゃない

  
 
pexels-photo-94736
 
 

今の図工のポジションは、きっとメイン科目の息抜き授業に位置するのかもしれません。
それはそれで魅力的ですが(特に私は勉強嫌いだったし)不必要になるくらいならもう少し学術的要素があってもいいんじゃないかなと思ったんです。それに何の知識もなく、やり方も知らずに図工に向き合うことは可笑しいんじゃないのかな。ある程度「やり方」を知れば実技になった時も「できる」子供が増えるはずですし、より図工の魅力に気付けるかもしれません。
だから「もしも図工にテストがあったら」問題を考えてみました。
正直、問題としてはまだまだ荒削りなんですけど。
(対象は小学校3~4年にしたいけど、割合の問題に分類されたらもう少し上の学年になるのかなあ。)

問題編

color01Q

問題
絵の具を混ぜて、指定の色を作りなさい。

条件
8色の絵の具を使うこと。
「何色を何g」で答えること。
※今回はPCCS準ずる
※調色による色の劣化は考えないものとする

これを解く前に、PCCSという色の考え方を子供に伝えておきます。

color02PCCS

色の考え方・捉え方は幾つかありますが、今回は「PCCS色相環」という色座標を使うことにしました。日本人の色の感覚に近く、また分かりやすく簡潔な考え方のようです。

PCCSでは色味を24色に分割して考えます。それぞれ「5はオレンジ」「8は黄色」というように、数字だけで何色かがわかるようになっているんです。
ここで指定した8色の絵の具の数字を見てみましょう。ちなみにAとHは白と黒で無彩色です。なので数字はつきません。

B:橙→5

C:黄→8

D:緑→12

E:青→18

F:紫→22

G:赤→2

となります。
こうやってわざわざ数値に置き換える面倒な手順を踏むのには理由があります。
それは、「色と色の間が均等でない」ことです。
赤と橙の間はそんなに離れてないけど、緑と青の間は結構開いてるんです。(これは海と緑に囲まれて育った日本人が、緑や青に目が肥えたため色数を増やしたという説も。)

また問題の色は「少し青寄り」ということも分かってくるはずです。
だからきっと、「緑と青を混ぜた時、ちょっと青を多めに使えばいいのかな」と思ってくれれば、いいな。

右側のトーン配置は鮮やかさです。マヨネーズの蓋みたいな所が原色。そこに白や黒の絵の具を混ぜていくと、もっとたくさんの色が作れますよ、という表です。色相が24色あるので、実際にはこのマヨネーズが24つあると思ってください。(※実際は12色ですが説明を割愛します。)
トーンはそれぞれ、アルファベットで表現できます。「ビビットトーン(原色)」は「v」、「ライトトーン(明るい)」は「lt」、「ダークトーン(暗い)」は「dk」です。問題の色は「ソフトトーン(柔らかい中間色)」になります。

問題の色は、左図の「16番」右図の「ソフトトーン」ということで、専門的には「sf16」と表示します。これは余談ですが。

img_page2_06

DIC color Design,Inc

ちなみにPCCSの他に「マンセル色立体」という考え方もあります。
全体が歪んでいるは、例えば黄色は全体的に明るい色味、青は暗い色味、というものを再現しているからです。

マンセルの詳しい話はこちら。

今回のPCCSは(ここが簡略化すぎると言われる由縁ですが)こんな歪んだ立体にならない定め方をしています。

color03tone
トーン表では、横軸が明度・縦軸が彩度を表しています。絵の具に置き換えると明度は「白と黒の割合」であり、彩度は「原色とモノクロの割合」になるかと思います。

黒をより多く混ぜると、中央より下の色に変わり、白をより多く混ぜると上に変わります。
そして原色の割合が少なくなるほど、マヨネーズの蓋から離れます。

問題を解くために、ここではざっくりと「黒:白=1:2 上から二段目」「黒:白=2:1 上から3段目」などと決めつけちゃいましょう。
そして縦軸は「原色:モノクロ=1:2 左の列」「原色:モノクロ=2:1 右の列」です。

回答編

color04A

さて、ようやく問題を解いていきます。今回問われている色は、左の赤枠にある色です。
正確には「ソフトトーンの緑青」「sf16」と表記できます。

解く手順としては
1、原色(青緑)を作る
2、モノクロ(灰色)を作る
3、原色とモノクロを混ぜる
です。

1、「D緑」と「E青」の絵の具を混ぜて「青緑」を作ります。
PCCS色相環での色の離れ具合を見て、互いを補うように調色の割合を決めます。ここでは「青」の方が近いので、「目標の色は青寄りなんだ」ということがわかるはずです。だから青の量を多くしておきます。

2、モノクロは、黒:白=1:2の割合で混ぜます。少し明るいグレーができました。

color05A

3、1と2を混ぜます。「原色:モノクロ=1:1」になるように分量を調整しつつ。
原色を4gと2g混ぜて6g作ったとすれば、モノクロも6gにしておく必要があります。

color06A

回答がこれです。
…やっと問題ができた!これって機能するかな?

まとめ

ここで私が言いたかったのは、使える色幅を増やして欲しいことです。例えば私は小学生の時、「原色と白」か「原色と黒」という組み合わせしかしていませんでした。

「あまり多くの色を混ぜすぎると色が濁る」と教えられ、確かに濁った灰色みたいになっていたことを経験したからです。だから無彩色は「白」か「黒」かのどちらかしか混ぜていませんでした。

color07etc

ですが、「白と黒」を一緒に混ぜないと、赤で囲んだ色が作れないはずなんです。
「原色とグレー」を合わせることで作れるのが中間色ですから、どちらかを選択してたら色幅は増えないですよね。

いい加減に何色も混ぜてできた灰色は、絵の具の発色が劣化してできたものですが、正しい調色を身につければ、綺麗な中間色が作れるはずです。
そうゆう部分を知識として身につけるための問題としてやってみました。

…実際問題を作るなんて難しいし面倒なんですね。

追伸、

今回の画像を作るために、こちらのirouseさんからPCCSのRGB値(16進)の値をお借りしました。私の書き出しがおかしくなければ、正確な色でご覧頂けるかと思います。テーマがテーマなので、下手な色を使えないと思って。

AD

 


【TBC おいしいフルーツ青汁ダイエット】



関連記事

  1. 2017トレンドカラーは何色?

  2. 要望と解答

  3. 「ピンクはグレーと相性がいい」と言っておく

  4. JS・JC雑誌の変わった傾向

  5. 他人のアドバイスは半分寝てるくらいで丁度いいと思うんだ

  6. IoTやらAIやらに向かった先

  7. 惑星と宇宙船の制作秘話?

  8. 好きな色で性格診断できるの?色彩心理と嗜好色

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 8月 01日