AIの導入により人間は勉強しなくていいのか

 

 
おはようございます。格安SIMにしてから数ヶ月が経ちました。
私の場合、手持ちのiPhoneにUQモバイルのSIMを使って月952円。同時にWifiも買ったのですが、こちら月々3980円。WiMAXは昔から接続できない範囲が極端だったので、接続悪い時はすこぶる悪いですが、今の所そんなに困らずに過ごしています。携帯に1万近く払ってた自分がアホらしく見えてくる…。
格安SIM、今はいろいろありますが、auだった人はそうやらUQの方が都合がいいみたいですね。ドコモだった人はドコモ回線を使っている格安SIM、ソフトバンクはYAMADASIMやU-mobileをおすすめしているようです。(2017.07.)
スマホを変えずに、SIMだけ変える時は参考にしたいですね。スマホごと変えちゃうのも手ですが。

 

 
 
【UQmobile】

格安SIMなら@モバイルくん。

【DMMモバイル】業界最安値水準

 

 

 

 

AIが発展すると、人間は勉強しなくて済むのか

 

 

pexels-photo-355904
 

 
人工知能(AI)が注目を浴びてからしばらく経ちました。以前もAIについて書きましたが、あの時から数ヶ月と経たないうちに現実味がさらに増して来たような気がします。ほんの数ヶ月前までは(それまで人工知能というカテゴリーはあったものの)
「未来のテクノロジーだ!」
「10年後、20年後の仕事が変わる!」
「4割の職が人工知能に食われるらしい!どうしよう!」
みたいに騒がれた気がします。
 

 
ですが最近では、中小企業こそAIを取り入れよう!みたいな書籍も多くなってきたし、AIが手軽に体験できるサイトもでてきました。
 

 

 

 
昨年11月にgoogleがAI技術の成果を発信するためのwebサイトを発表。ユーザーがこれから書くであろうイラストを予測して絵を完成させてくれます。
これ以外にも、最近はいろんな所がAI技術を生かしたwebサイトを紹介するようになりました。
 

 
こんなにもAIがなんたらと言われてしまうと「じゃあ僕たちは勉強しなくていいですね」「英語とかやらなくても、AIが勝手に翻訳もしてくれるんですね」とかって意見も出てくるわけです。私は「あーそうだね!楽だね!」みたいに思わず返答しちゃうんですが。
だって「勉強しなくていい」なんて、ちょっと魅力的な響きじゃないですか。子供の時あれだけ「勉強しなさい!」と頭ごなしに言われてたトラウマを考えると、思わず惹かれてしまう響き…!素敵な時代ですね!!
 

 
ですが惹かれる反面で、「AIが発展すると人間が勉強しなくて済む」という仮定に疑問が残ります。
 

 

 

 

英語を知らなくてもAIが翻訳してくれる

 

 

school-1661731_1280
 

 
確かに、今youtubeでも翻訳機能が優秀になってきました。私は専ら、映像ソフトのチュートリアル動画を見ますが、その殆どは英語圏のものでしたから。この充実は嬉しい限りです。
 

 
一昔前の海外旅行なんて、簡単な辞書やフレーズ集を片手に行ったもんですが、今や何処へ行ってもwifiが通る時代。翻訳ソフト1つ入れておけば、結構スムーズに意思疎通が図れるようになりました。
 

 
今でさえ便利な世の中になってきたのに、AI導入が進めば、自分が喋ってる側から翻訳開始してくれるのでしょう。そんなんじゃ「翻訳家の職が失われる」どころじゃありません。だって私たちは、一生日本語さえ話せればいいんだもの。(拙い日本語でさえ、AIが綺麗な日本語に置き換えてくれるかもしれない。)学校でひたすら英語の授業を受ける必要さえ疑ってきますよ。
 

 

 

 

技術職までもがAIに置き換えられる

 

 

1051520
 

 
プロ野球選手の選手寿命が短いのは衆知されていると思います。でもそれくらい寿命が短い(のでは?)と囁かれている技術職があるんです。それはプログラマーです。
プログラマーの寿命は35歳と噂だそうですよ。一種の都市伝説ですが、それだけ更新される情報量が多すぎて大変な職種だということです。でもAIが導入されればそんな短命(かもしれない)なプログラマー1人雇うよりコストダウンにつながるかもしれません。
 

 
単純作業だけでなく、技術職でさえAIの導入は検討されるのでしょう。
「勉強しなくていいのでは?」という以前に、「勉強頑張ったところで職を失う可能性がある」となってくれば、いよいよ頭良くても仕方ないのでは…??
 

 

 

 

仕事を作ることは、AIにはできない

 

 

pexels-photo-443383
 

 
さて、つらつらと例題と仮説を並べたところで。これから本質に入ります。
勉強する必要(頭がいい必要)が人間側にあるのか、という話です。
 

 
「Mac Fan」という雑誌記事で「ロボットは仕事を作ることができない」がとても興味深い内容を話していました。
以下、引用です。
 

 

「The Future of Jobs」というレポートは、2020年までに、今重要だとされている労働スキルの3分の1が置き換わるだろうと予測しています。2015年時点で評価されていた「交渉力」や「柔軟性」以上に求められるのが、「クリエイティビティ」です。
ここでいうクリエイティビティは、専門的なデザイン能力や表現能力のことではなく、「自分の仕事を自分で作り出す」力のこと。言われたことをそのまま実行するだけならロボットに任せればいい。仕事をロボットと対抗する時代だからこそ、相手のニーズを汲み取り先回りして対処する能力、そして姿勢はいっそう重要性を増すでしょう。

 

 
いやあー。簡単に「自分の仕事を自分で作る」とか言っちゃってくれてるけど、それが大変なんじゃん。
私自身も、その「自分で作る」ことに奮闘しているつもりですが、それで安定した収入を得るなんて大変。(私がポンコツだという理由もありますが…。)与えられたマニュアル通りにこなすだけの仕事の方がどれだけ気が楽だったかと考えてしまいます。

 

 

「作る」には日頃から勉強(インプット)を怠れない

 

 

A photo by Ben White. unsplash.com/photos/4K2lIP0zc_k
 

 
与えられないということは、自分から情報や知識を吸収しに行かないといけません。
 

 
今何が流行っていて、何が新しくなって、どんな未来が創造されているか。それを知って初めて「自分で作る」とこができるんじゃないかな。それはもう、広い意味で「勉強」にあたるのではないでしょうか。

「勉強しなきゃ!」という感覚でなくても遊び感覚で勉強すればいいと思いますが、常に勉強し続ける重要性に変わりはありません。
 

 

 

 

未来は、仕事を作るのが人間の仕事になる

 

 
 

 
私自身は、AI自体を研究開発するつもりは毛頭ないです。そんな頭も環境もないし…なによりジャンルじゃない。でも商品化したAIを「雇う」日が来るかもしれないですね。それまでに私は人間として、仕事を作ってあげられるようになりたいです。

 

 
さて、ようやく一記事書き終えました。
私文章書くの遅いんですよね。一つに数日かけてると、同じくブログを書いてる人に相談してみたらめちゃくちゃ渋い顔(?)されてしまいました。もうちょっと、一時間くらいでほぼほぼ書いてしまいたいんですが…。欲かな。
まあ、気ままに頑張ります。

 

 

 

 

スポンサード リンク

 


【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

信頼できるクラウドソーシングサイト【Bizseek】



同じくAIについての話

 

 

IoTやらAIやらに向かった先
 

 

 

 

関連記事

  1. 自撮りのマナーが悪い人の心理。本当の意味でインスタ映えする写真の撮り方…

  2. 明朝とゴシックは混在してもいいじゃない

  3. ゆとり世代だから

  4. 写真は「良し悪し」だけで価値を語れないんだ

  5. アートレンズいいなあ

  6. 私はお客様だけど神様じゃない

  7. 惑星と宇宙船の制作秘話?

  8. 他人のアドバイスは半分寝てるくらいで丁度いいと思うんだ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。