いじめ対策は結局自分でするしかない

おはようございます。今日も今日とて眠いです。ありがとうございます。

先日で50記事達成しましたー。ありがとうございます。いやあ2ヶ月半くらいかなあ、ちょっとペースは遅めですが3日坊主の私が続けられて良かったです。次の目標は100ですね。まだ余白の作りが上手くいかない…。どうやるの?

両親はどうしようもなく盲目なものなんだろう


Photo credit: postbear via Visual Hunt / CC BY-NC-SA

先日母親に「あんたはどっちかって言うといじめる側だよね」と言われました。
当時あれだけ理不尽な状況で悩んだ時期が何度か訪れていたのに、親なんてそんなもんだろうなと何となく納得してしまいました。別にそうゆうことは言ってないし知って欲しいわけでもなかったのでお母さんを非難するつもりはないんですけどね。母とは別段険悪なわけでもないし、諸々感謝しています。時々一緒に出かけたりするしね。まあ友達だとか親友になれないタイプなのは確かですが、両親なんてそんなものでしょう。私もいつか子供のことがわからなくなるのかな。

だからカケラも思い当たらないレッテルを張ったお母さんの質問に対して、面倒だったので肯定しておきました。そこでいつもの様に軽くお説教タイムが始まります。今日も今日とて我が家は通常運転です。

大人も悩むいじめだの何だの


Photo credit: ChairWomanMay via Visual Hunt / CC BY

「いじめ」と聞くと、中高生の中で起こりうるものとイメージされますが、大の大人でも「いじめ」だの「何とかハラスメント」だのと騒いでいるので、子供という括りでは収まらないとは思っています。

もちろん「最近の若い輩」という括りも「ゆとり世代」という括りも当てはまらないでしょう。子供の場合、逃げ場がない・知らないために大事に至り明るみになるから、子供のイメージが強いのかな。

マーケティングの世界ではいじめは戦略として用いる

いじめというと言葉が悪いですが、「共通の敵を作る」ということはマーケティングではよくある戦略です。
自分の思考に共感してもらい、信者を作り、商品を買ってもらう。

例えば新しい手洗い石鹸を開発して商品化したとします。それを売っていく時に「きちんと手を洗いましょう」「清潔なのは良いことなんだよ」とどれだけ綺麗事を並べても「手を洗いたくなる」という気持ちには共感してもらいにくいです。
そこで子供の手の平に幾万ものバイキンがいることを伝えてみるんです。バイキンはとてもわかりやすい「共通の敵」です。この敵が普段手の平にうじゃうじゃいて、それを平気で口に含んだり食べ物を触ってると思ったら、もう手を洗いたくなりますよ。そこでうちの商品が劇的にバイキンをやっつける様を見せるわけです。

(先日「バイキンなんて食ってれば良いんだよ」というブログを書いたのに、どの口が言うんだ笑)
「共通の敵」を作ると途端に共感を得やすくなり、理解されやすくなります。バイキンの他にも、頑固な汚れとか暑さだとか寒さだとか。なければ「仮装の敵」を作ったりします。アニメの悪役の様なものかな。

自分に共感してもらうための悪役

マーケティングで使われるくらいですから、人間の深層心理に基づいた考えなんじゃないかな。つまり組織の中に一人悪役を作るんです。

自分と共感できないだろう人間をターゲットとして、その人の弱点や難点をずらっと挙げていきます。もっとタチが悪いと偽装してリストに挙げていきます。そしてこのリストを他人と共有するんです。

いじめと聞くと、弱者に対して行う印象もありますが、私は必ずしもそうではないと感じています。自分から見て悪役になり得る人間ならいいんですから。ただ弱者の方が戦い易いんだろうけど。
私は、努力を放棄して責任転嫁し続ける人や、ただ悲観的になりたい人の肩を持つ気はさらさらないですが、誰でも使える戦略だとは思っています。

悪役になりきる覚悟がないなら戦ってろ


Photo credit: Bettie Page Styled via Visual Hunt / CC BY-NC

自分がターゲットにされ、悪化した場合。
私は「何もしない」のが一番悲しいです。ほとぼりが冷めるまでそっとしておく。それで収まればそれで良いのかもしれない。
でもいじめる側は、そうゆう不条理なことに頼るくらい危ういと思いますよ。自分が悪役になれば相手は救えますよ。相手はターゲットには自分を否定し続けて欲しいんだと思うんです。いつまでもいい悪役でいてくれたら、共感を得易いだろうから。本当に万人を愛したいならそうやって救ってあげてください。

バイキンマンになる覚悟がないならちゃんと戦って欲しいです。こちらも共感する層を構築して大衆で挑んでください。どこから引っ張ってきてもいいんだからさ。あくまで戦陣をきるのは自分だから、構築するのは共感層です。悪化していればする程、大衆を作るって思っているより簡単ですよ。そこで上手く作れないなら大したことではないんでしょう。

という、トンデモ偏った話でした。
スポンサーリンク



関連記事

  1. IoTやらAIやらに向かった先

  2. 海外で緑茶ブームなのに日本人は緑茶離れ

  3. 2017のパリコレピックアップ

  4. 要望と解答

  5. 他人のアドバイスは半分寝てるくらいで丁度いいと思うんだ

  6. 【実験】もしも図工にテストがあったら

  7. バイ菌食って元気出せよ

  8. 兄弟の話:13個のおもりと天秤の問題

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。