バイ菌食って元気出せよ

おはようございます。今日も今日とてテンヤワンヤです。ありがとうございます。

来年個展開くぞ!と意気込んでみたものの、既に達成できないんじゃないかと不安で仕方がありません。目標は、来年の私の誕生日あたりに小ぢんまりと藤枝あたりで開きたいと画策中です。だけどここのところ〆切〆切……。3月までは怒涛の毎日になりそうで、だけどじゃあ4月になったら落ち着くのか?という不安でいっぱいです。そもそも私は3月までもつのでしょうか。仕事量と勤務時間が全く噛みあっていないので、もう私も残業組になりました。ありがたい悲鳴がどんどんありがたくなくなってゆく…。全部の案件がこのブログみたいに簡単に出来ちゃうならいいのに。
しんどいですが毎日が修行です。ありがとうございます。




さて、前回思いっきりTEDの話が途中で終わりましたが、というか全く触れずに講演会の話をして終わりましたね。でも今日はもう頭使いたくないので頭使わずに書ける内容にします。今回は本当に支離滅裂になりそうな予感。もう疲れちゃった、よー!あー美人秘書が欲しい。ずっとメンタルを癒してくれる美人秘書が欲しい。いや、美女がいて欲しい。いや、集中出来ないからいいや。

大学の友達に「つり革って、いろんな人が触ってるから使うの抵抗あるよね」というトンデモ潔癖症の人がいて心底驚いたことがありました。会社の事務の女の人もここまでではないけど「コンビニで肉まんを買うのって少し抵抗あるんです。だってあれずっとあのまま置いてあって全然洗ってなさそうじゃないですか」って。
みんなあんなに衛生面を気にするもの?

いい所のお嬢さんお坊ちゃんなのかな。
私の実家は、過去に9人の大家族だったことを言い訳にしてまあ散らかったうちでした。もちろん不衛生ではないですが、別段清潔感漂う家でもなかったと思います。そのせいか、潔癖症な人間になることもなくすくすく育ってきました。だからそうゆう超絶潔癖エピソードを聞くと置いてけぼり感がします。
これどうなんだろう。みんなある程度潔癖なのかなあ。

汚部屋はいいですよ。だって掃除すればいいんですから。
汚いのは凄く嫌だけど、別に片付ければ綺麗になるんですよ。中学生の時、友達のうちに何度か片付けに行きましたが(何でそんなことしてたんだろう)解決策があるからいいよね。だけど元々綺麗好きで塵一つ許せない人ってどうするんだろう。免疫力つかないじゃないですか。

私のお兄ちゃんがこんなこと言っていました。
甥っ子、つまりお兄ちゃんの2歳になる息子は未だに指しゃぶりが抜けないんです。姪っ子と年も近いせいか、まだ幼い時期に母親が妊娠してしまったために、早い時期からおっぱいをやめなくてはいけなかったんです。恐らくそれも原因なのかなあと側から見て思うのですが。
だけど2歳ともなると、あれこれ触って遊んでご飯も自分で食べて、をするので衛生的に心配になるんです。この時期風邪やらインフルエンザやらが流行ってるから。だけどお兄ちゃんは、
「ちょっとくらいバイ菌食べといた方がいい」
っていうんですよ。
pexels-photo

ちなみにお兄ちゃんは現役の医師です。

まあ、お兄ちゃんのド直球な偏屈っぷりは棚に上げて。こんな記事もあるくらいですから、あながち間違ってないのかもしれない。

「なあに、かえって免疫力がつく」は本当だった?適度に不衛生な環境の方が免疫機能が高まることが実証される(米研究)

だからさ、みんなちょっとバイ菌でも食って元気だしな?潔癖は早死にするよ?(偏見)どうしよう、本当に意味がわからない内容になりました。回数を重ねるごとに精度が落ちてきます。眠いです。おやすみなさい。ありがとうございます。




関連記事

  1. 海外で緑茶ブームなのに日本人は緑茶離れ

  2. 雑記2

  3. 私の名字について

  4. 東京の女の子が来た

  5. 緑を見て安心するワケ 色彩心理学

  6. 兄弟の話:13個のおもりと天秤の問題

  7. JS・JC雑誌の変わった傾向

  8. 年末年始沖縄旅行

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。