iPadが3Dスキャナーになるの?

おはようございます。急ぎの案件がようやく終わり、また明日までの〆切に追われる今日です。でもとりあえずひと段落。はやく水彩描きたいなあ。
この区切りで、いい加減内蔵HDに収納していた大量のムービーデータをディスク焼く作業をすることにしました。ディスクユーティリティで確認すると、ムービーの割合がエゲツなかったので。BD何枚いるんだこれは…。外付けHDも新しく購入するべきなのかなあ。動画って、エゲツないですね本当に。

また舞台の話になりますが、舞台で音響を担当していた方が「この2GのSDカード買い取るから頂戴!」と言われた時は、なんだか驚きました。だって2Gなんて何入れるんだよってくらい容量少ないという感覚でしたから、むしろ場所とるしかさばるだけだと思っていたんですから。そんなんちょっと大きめのフロッピーディスクのようなもんだと。(フロッピーって、昔400Mくらいでしたよね?もっとあったっけ?…多分フロッピーの時代は私も小学生とかだったので曖昧ですが。)
でも、そうだよね、音声なら2Gでじゅうぶんなんですよね。
改めて、動画がエゲツない代物だと感じました。ブルーレイって25Gですよ。SD買うなら32か64だし(64はもしもの時には怖いかなあ)HDなら単位が変わる。

さてさて、前置きが長くなりました。
今回は動画ではなく3D関連についてだったのに。3Dデータ自体は、実はそんなに容量食わない(大体なんびゃくKB)けど立ち上げるのが重いというやつです。連番になると違うかもしれませんが。あ、また話がそれましたね。今回は、3DスキャンがiPadでできちゃうという話です。

2017-01-22 22.19.41

もうメジャーも設計図もいらない;部屋を丸ごと3DスキャンするiPadアプリ「Canvas」<

2017-01-22 22.19.52

2017-01-22 22.20.02

3Dモデリングは、制限はあるものの、以前からiPadでできるアプリがありました。実際iPadで出来なくてもパソコンで出来ちゃうので、殆ど使ったことはないんですけどね。一応できるよ、という感じで。
でも3Dスキャンとなるとパソコンがあれば出来るという訳ではなくなってきます。専用の3Dスキャナー(布団掃除機みたいな形のものとか)を買わないといけませんでした。普通の紙の印刷でもそうですよね。ワードか何かで書面を作って、別購入のプリンターで出力したり、これまた別購入のスキャナーで取り込んだり。だからプリントとスキャンっていうのは、1ディバイスでは出来なかったんですよ。
まあ書類スキャンでも紛い物スキャナーアプリはありますけどね。(これも厳密に言うと紛い物の立ち位置なのかな。)でも見た限りでは専用の3Dスキャナーとそこまで劣らないように感じます。(後に3Dソフトで修正しなければいけないのは他の3Dスキャナーも同じですし。)

某通販サイトではカメラだけで7万前後で売っていました(3Dスキャナーは10万20万でも普通。中には1万円台のものもあるから何とも言えませんが)
下手なものを買うよりはいいかもしれませんね。少し興味があります!
あと気になる所と言えば、元々インテリア用なので曲面や詳細な情報がどこまで読み取れるかというところでしょうか。まあ、何にしても新しい取り組みに全てを期待するのは酷ですから、何でも夢を叶えてくれるわけではないでしょう。でも欲しい。あー欲しいものいっぱいだなあ。これで3Dスキャナーが身近になれば、いろんなものを3D化してマテリアル提供としても使えるかもしれないし、作品に奥行きがつくかもしれない。なにより一から作るのがめんどくさいから。
欲しいものリストの優先順位はまだ低いですが、注目していきたいです。

関連記事

  1. 惑星と宇宙船の制作秘話?

  2. 要望と解答

  3. ドラえもんと3D

  4. 自撮りのマナーが悪い人の心理。本当の意味でインスタ映えする写真の撮り方…

  5. TED:一流のスピーチから学ぶこと1

  6. 絵と言葉の一研究「わかりやすい」デザインを考える

  7. TED:一流のスピーチから学ぶこと2

  8. スチームパンクやらビンテージやら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。