舞台もいよいよ1ヶ月後

舞台まであと1ヶ月に迫ってきました。
以前もお話しましたが、こちらのお芝居の舞台で、私は映像を担当させて頂きます。

イラストや3D素材を作成し、それを動かすのが主な作業内容となりますが、
ここにきて、宇宙船の大幅修正が入ってきたので1から作り直しているところです。
既に18時間余りを費やしていますが、まだまだ2割しか出来ていない…。

このペースで書いていくと総作業時間は90時間となり、
仕事や家事を終えて1日6時間夜中にちまちま作業していくとあと12日。
宇宙船を見せて欲しいと言われているのが12月25日。
残り15日…。ほぼ毎日宇宙船に費やさないといけないですね。
終わるかなあ…。
それ以外の映像編集もゲネプロまでに完成予定なのですが、所々未完があるので、いよいよヤバイです。

惑星(他の映像素材)は3Dでモデリングしてモーションしましたが、
宇宙船は、2Dのイラストで作成しています。
宇宙船なので厚塗りイラストです。
油絵のような厚塗りは、重たい印象を受けますし、イメージにぴったりな書き方だと思ったので。

普段私がイラストを描く時は、水彩風の抜け感のあるものをよく書いています。
それか手書き水彩。
そのため実は、厚塗りは初挑戦。
要領は掴んでいたけど、あまり積極的には書いてきませんでした。
水彩の方が好きだったのでね。
いやあ、難しい。

まだまだ完成には程遠い宇宙船ですが、
線画の段階で演出に見て頂いて、気に入ってくれたので、
このまま突っ走ります。
少しづつ出来ていくイラストを見ていくと、なんだかワクワクして夜も眠れません!(夜描いてるからですが)
早くafterefectsにブッ込んで動かしたいですね。

さて、それ以外の素材や、今出来ている映像を
先日役者さん達にも見て頂きました。
わりと好印象のようでホッとしています。
いや、正直、ニヤニヤしました。笑
モチベーションが凄く上がりました、ありがとうございます。

役者さんもこれから造り込みの時期に入ってきているので、私も負けていられません。

関連記事

  1. 惑星と宇宙船の制作秘話?

  2. プロジェクションマッピング

  3. 明朝とゴシックは混在してもいいじゃない

  4. 他人のアドバイスは半分寝てるくらいで丁度いいと思うんだ

  5. element3Dに苦戦

  6. 工場が爽やか路線に転換しつつある

  7. 惑星と宇宙船の制作秘話?2

  8. 結局爆発はこうなる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。